大橋良介 - ホームページ

きちんとした自己紹介情報を発信することは、ネット時代の社会的責任に属しますね。親切情報、デマ情報、悪意情報、etc.の洪水の余波を、皆さまもしばしばかぶるのではないでしょうか。それで、今までの放置方針を再考して、遅まきながらHPを立ち上げることにしました。折々に更新していきますので、ご覧ください。(2017年2月1日・記)

 

【目次】Inhalt

1 略歴・職歴 Kurze Biographie

2 研究分野 Forschungsgebiete

3 著書 Publikationen

4 2010 - 2015年のドイツ語圏客員講義・演習の題目

   Vorlesungen und Seminare zwischen 2010 - 2015

5 2010 - 2016年の講演歴

  Vorträge zwischen 2010 - 2016

6 論文

     Kopieseite: Aufsätze und Essays

7 エッセイ

 近況・感想・コメント

    Tagebuch, Gedanke, Bemerkungen

 

 

1 略歴・職歴

 

京都市生まれ。1969年京都大学文学部哲学科卒、74年ミュンヘン大学文学部哲学科博士課程修了、哲学博士。
1974年4月-1975年3月 ミュンヘン大学哲学部第一講座助手
1975年4月-1979年6月 滋賀医科大学講師
(1977年10月 -1979年3月、 アレクサンダー・フォン・フンボルト財団奨学生としてミュンヘン大学に留学。)
1979年7月-1980年3月 滋賀医科大学助教授
1980年4月-2004年3月 京都工芸繊維大学教授
(1983年、ヴュルツブルク大学で教授資格(ハビリタチオン)を取得。)
(1990年、西ドイツ大統領よりシーボルト賞を授与。)
(1996年、フンボルト財団よりフンボルト・メダルを授与。)
(1997年、ベルリン高等研究所フェローシップ授与。)
2004年4月-2007年3月 大阪大学大学院文学研究科教授
2007年4月-2010年3月 龍谷大学文学部特任教授 [注1]
2010年4月-2011年3月 ケルン大学国際 Morphomataコレーク、初代フェロー(10名)のひとり。同期間、ニーチェ・コレーク(ワイマール市)、フェロー
2011年4月-2011年10月 ケルン大学哲学部客員教授
2011年10月-2012年3月 ウィーン大学哲学部客員教授
2012年4月-2012年9月 ヒルデスハイム大学哲学科客員教授
2012年10月-2013年3月 ケルン大学客員教授(専任教授代行)
2013年4月-2014年3月 ハノーヴァー哲学研究所フェロー
2014年4月-2014年9月 テュービンゲン大学哲学部客員教授
(2014年5月以降、日独文化研究所所長を兼任)
2014年10月-2015年3月 ヒルデスハイム大学哲学科客員教授
2016年4月-2016年9月 テュービンゲン大学哲学部客員教授
2016年10月から公益財団法人日独文化研究所・所長専任。現在に到る。

西田哲学会前会長、石川県西田幾多郎記念哲学館名誉館長。

 

(注1) 2010年2月16日、ある人物の告訴で龍谷大学を懲戒解雇。2013年1月29日、京都地裁判決「処分は違法、無効」。2014年3月5日、大阪高裁判決「処分は違法、無効」。龍谷大学は最高裁への上告を断念。特任教授期間3年分の退職金を支払う。

 

トップページに戻る

 

2 研究分野

 

3 

 

4  2011-2015年 ドイツ語圏での客員講義・演習 (Gastvorlesungen und -seminare 2011 - 2015)

 

(2011年夏学期から2015年夏学期まで5年間の、ドイツ語圏での客員講義と演習は、私の40年間の教師生活のなかで、最も充実した時期のひとつでした。招いてくれた諸大学への感謝と、時間を忘れて議論を共にしてくれた大勢の学生・院生諸君への思い出が、尽きません。自分の記念としても記録しておきたいと思う所以です。なお、合計5年半のドイツ語圏滞在の中で、講義・演習の無い期間もありました。これは「フェロー」として研究に専念していた期間です。これはこれで収穫の多い時期でした。次ページの「5 2010 – 2016年の講演歴」を御参照ください。)

 

ー ケルン大学、2011年夏学期、正演習 (Univ. zu Köln 2011 SS, Hauptseminar: Der Zeitbegriff des Zen-Meisters Dôgen in besonderer Berücksichtigung der Zeitlehre von Aristoteles, Augustinus und Heidegger)
ー ウイーン大学、2011/12年冬学期、講義 (Univ.Wien 2011/12 WS,Vorlesung: „Sein und Zeit“ HeideggersI
ー ウイーン大学、同上時期、正演習 (Univ.Wien 2011/12 WS, Hauptseminar: Der Zeitbegriff beim Zen-Meister Dôgen und Augustinus)
ー ヒルデスハイム大学、2012年夏学期、講義 (Univ.  Hildesheim 2012 SS, Vorlesung: “Sein und Zeit“ Heideggers)
ー ヒルデスハイム大学、同上時期、共同正演習 (Univ. Hildesheim 2012 SS, Hauptseminar zusammen mit Rolf Elberfeld: „Der Blumenspiegel“ Zeamis)
ー ケルン大学、2012/13年冬学期,講義 (Univ. zu Klön 2012/3 WS,Vorlesung: Der deutsche Idealismus)
ー ケルン大学、同上時期、初級演習 (Univ. zu Klön 2012/3 WS, Proseminar: „Differenzschrift“ Hegels)
ケルン大学、同上時期、正演習 (Univ. zu Klön 2012/3 WS, Hauptseminar: „Sein und Zeit“ Heideggers)
ー ケルン大学、同上時期、院生ゼミ  (Univ. zu Klön 2012/3 WS, Oberseminar. Colloquium: „Die Freiheitsabhandlung“ Schellings)
ー ヒルデスハイム大学、2013年夏学期、集中演習 (Univ. Hildesheim 2013 SS, Kompaktseminar: “Die Studie über das Gute“)
ー テュービンゲン大学、2014年夏学期、講義 (Univ. Tübingen 2014 SS, Vorlesung: Der deutsche Idealismus und die Philosophie der Kyoto-Schule) 
ー テュービンゲン大学、同上時期、正演習 (Univ. Tübingen 2014 SS, Hauptseminar: „Die Differenzschrift“ Hegels)
ー ヒルデスハイム大学、2014/15年冬学期、共同正演習 (Univ. Hildesheim 2014/15 WS, Hauptseminar zusammen mit Rolf Elberfeld): „Der Blumenspiegel“ Zeamis)
ー ヒルデスハイム大学、同上時期、正演習 (Univ. Hildesheim 2014/15 WS, Hauptseminar: Levinas, „Totalité et Infini“)
ー テュービンゲン大学、2015年夏学期、正演習、集中 (Univ. Tübingen 2015 SS, Hauptseminar, Kompaktkurs : Levinas, „Totalité et Infini“)
ー テュービンゲン大学、同上時期、講義 (Univ. Tübingen 2015 SS, Vorlesung: Der deutsche Idealismus und die Kyoto-Schule)
ー バーゼル大学神学部、2015年夏学期、集中演習 (Univ. Basel 2015 SS, Kompaktkurs: Levinas und Nishitani)

 

トップページに戻る

 

5 2010 - 2016 年の講演歴 

 

2010年から2016年までの6年間は、外国語での講演発表が特に多かった時期でした。講演数は多いのですが、テープで自分の声を聞くと、発音がとても下手なことに、げんなりします。それにもかかわらず次々に招いてくれた多くの研究機関に、感謝する次第です。晴れがましかった舞台は、2013年7月の「ザルツブルク音楽祭」開会講演と、2014年10月の「ドイツ哲学会大会」(3年にいちど)4日目の基調講演。しかし前者は、司会者の唖然とさせる進行(ルール違反)で、不完全燃焼になりました。(活字化に際して、普通燃焼のかたちに是正できました。)講演というのは、やってみるまでは、うまく行くかどうか分からないということを、毎回、痛感します。その他は、打率で言えば、ヒット3割、凡打3割、ファウル3割、といった感じです。

 

 

2010年)
• ベルリン講演 Zen und Philosophie in der Kyoto-Schule, in: Deutsch-Chinesische Konferenz „Philosophie und Religion“, Freie Universität Berlin, 2010. 2. 19.
• ドゥリューベック講演 „Dürer und Sesshû“, im Kloster Drübeck, 2010. 3. 25.
• ケルン・モルフォーマタ講演 (i) Inwieweit ist der „Wind“ ein Morphom?, im Internationalen Kolleg Morphomata, Universität zu Köln, 2010. 6. 9.
• ケルン・哲学講座リレー講義 : „Leben“ aus der Sicht der japanischen Philosophie“ im Rahmen der Ring-Vorlesung: „Philosophie kontrovers“, im Saal VII der Universität zu Köln, 2010. 6. 13.
• ケルン・モルフォーマタ講演 (ii) The concept of the „time“ by Dogen, Im Internationalen Kolleg Morphomata, Universität zu Köln, 2010. 6. 25.
• ベルリン・トーク Zum Begriff “Weg”, in Radialsystem-V GmbH, 2010. 6. 30.
• ヒルデスハイム・ゼミ講話 Zum Sinnlichen, im Blumen Salon, Domäne Marienburg der Universität Hildesheim, 2010. 7. 16.
• ケルン・フッサール・アルヒーフ講演 Das Absolute bei Husserl. Aus den Fichte-Vorlesungen Husserls aus den Jahren 1917/ 18. Vortrag im Husserl-Archiv in Köln, 2010. 10. 15.
• ワイマール講義1 Die Kultur des Windes. 1. Vorlesung, im Goethe-Museum / Weimar, 2010. 10. 21.
• 日文研トーク The excessive half in the aesthetic figurations of “cut”, “imperfection” and “emptiness” in Japan. Comment to the contributions at: The 38th International Research Symposium. November 2011: Questioning Oriental Aesthetics and Thinking:Conflicting Visions of “Asia” under the Colonial Empires, 国際日本文化研究センター, 2010. 11. 10.
• ワイマール講義2: Das Leben in der Perspektive der japanischen Philosophie, im Schloß Ettersburg / Weimar, 2010. 11.18.
• ワイマール講義3 : Die Ästhetik des Wassers in interkultureller Perspektive, im Goethe-Museum/ Weimar, 2010. 12. 9.
(2011年)
• ケルン・モルフォーマタ講演(iii) DieÄsthetikdesWassersininterkulturellerPerspektive,im Internationalen Kolleg Morphomata, 2011. 1. 11.
• ケルン講演 Zen-Buddhismus und Philosophie. Forschungskolloquium Interkulturelle Philosophie, im Neuen Seminargebäude S 21 der Universität zu Köln, 2011. 1. 18.
• ワイマール講義4: Der Zeitbegriff bei Dôgen, im: Goethe Museum/ Weimar, 2011, 1. 20.
• ケルン・モルフォーマタ講演 (iv) Das Halbe als die morphomatische Ganzheit – Eine philosophisch-kulturvergleichende Betrachtung, im Internationalen Kolleg Morphomata der Universität zu Köln. 2011. 2. 2.
• ケルン・ロータリークラブ講演 Vortrag im Rotary Club im Hotel Excelsior in Köln „Wie sich die gelassene Ergebenheit mit dem Mut verbinden kann. - Erdbeben und die japanische Mentalität – „. 2011. 4. 4.
• ケルン・日本学リレー講義 : „Wie sich die Entsagung mit dem Mut verbinden kann. - Erdbeben und die japanische Mentalität . Eine kulturhistorisch-philosophische Betrachtung. Ringvorlesung Sommersemester 2011. Japanforschung an der Universität zu Köln. 150th Anniversary of German-Japanese Relation, in: Hörsaal E der Universität zu Köln. 2011. 6. 1.
• ケルン・モルフォーマタ講演 (v) Ukiyo: Die kummervolle, aber dennoch genussreiche Welt - Melancholie und ihre Schwestern. Ein kulturvergleich (in: Workshop. Figurationen des schöpferischen. Die Melancholie und ihre Schwestern. Ein Kulturvergleich), im Internationalen Kolleg Morphomata), im Kolleg Morphomata. 2011. 6. 8.
• ケルン・モルフォーマタ講演 (vi) Östliche und westliche Zeit-Vorstellungen und Zeit-Erfahrungen in Philosophie und in Malerei (in: Workshop. Morphome der Zeit: Die Jahreszeiten im Wandel der Kulturen und Zeiten), im Internationalen Kolleg Morphomata. 2011. 6. 14.
• ヴュルツブルク・ベネディクトスホーフ 講演 „Sein und Zeit beim Zen-Meister Dogen. (Sommerfestival: Zen zwischen Tradition und Moderne, im Benediktushof Hozkirchen, Würzburg). 2011. 6. 25 - 26.
• ケルン GIP 講演 Person als das “Leere”. Zehn Ochsenbilder und Kants Grundlegung zur Metaphysik der Sitten (auf der Tagung der Gesellschaft für Interkulturelle Philosophie: „Conceptions of Personhood and Their Limits. Inter/Transcultural Exportations), im Seminargebäude der Universität zu Köln. 2011. 7 . 18.
• ヒルデスハイム講演 Das Problem des “Bösen” in der Philosophie Nishidas in neun Thesen (auf der Tagung: Nishida Kitarō in der Philosophie des 20. Jahrhunderts. Zum 100. Erscheinungsjubiläum der Studie über das Gute (Zen no kenkyū, 1911)”. 2011. 9. 5.
• ミュンヘン DGPh 講演 Der Ungrund und die Leere. Der Ungrund und die Leere. Der Raum M 118 im Hauptgebäude der Ludwig Maximilian Universität. (Der XXII. Deutsche Kongress der DGPh: Welt der Gründe. Ludwig Maximilian Universität. Vom 12. – 16. September 2011. Kolloquium: Letzte Gründe – Möglichkeiten und Grenzen der Weltphilosophien? 2011. 9. 15.
• ブリュッセル講演 La rencontre des maîtres de thé avec les missionnaires chrétiens. Une scène singulière dans l'histoire de la spiritualité japonaise durant le 16e siècle. Palais des Academie (Colloque: Spiritualités japonaises. 21. – 23. Sept. 2011. Académie Royale de Belgique. Palais des Academie. Rue Ducale 1, 1000 Bruxelles). 2011. 9. 23.
• パリ講演 Vers la profondeur du sensible: La Phénoménologie de l’esprit de Hegel et la compassion du bouddhisme du Grand Véhicule. à École Normale Supérieure. (Colloque sur la philosophie japonaise actuelle, organisé à l’occasion de la sortie du numéro 2011-3 de la Revue Philosophique de la France et de l’Etranger. 2011. 10. 13
• ウイーン講演 Was ist der deutsche Idealismus, und was kann er sein?, im Philosophischen Seminar der Universität Wien, im Rahmen der internen Veranstaltung „Lunchtime Talk“, 2011. 11. 11.
• ベルリン講演 Mishima’s Seppuku - Ein Tieferes des Todes. (Der Kongreß "Ökonomie des Opfers" vom 16. bis 19. November 2011 im Collegium Hungaricum Berlin), 2011. 11. 19.
(2012年)
• ウイーン講演 Person als die „Leere“. Zehn Ochsenbilder und Kants Grndlegung zuur Metapyhsik der Sitten, in „Forum Zeit und Glaube“, Katholischer Akademiker/innenverband Wien, in: Otto-Mauer-Zenbtrum, 2012. 1. 23.
• インスブルック講演 Solo-Kabarett „Alle drei Seiten erleiden den Verlust von ein Ryô “ - Zur Japanischen Ethik zwischen Tradition und Moderne -. Internationaler Kongress: Werttraditionen und Wertekonflikt. In interkultureller Perspektive. Saal University of New Orleans der Universität Innsbruck, 2012. 5. 2 - 3.
• プラハ講演 Darstellung des Leibes als ‚Blume’. Die Kunst des Nô-Theaters und ihr Geist. Ausgehend vom No-Text Zeamis „Spiegel der Blume“. Internationales Kolloquium des Mitteleuropäischen Instituts für PhilosophiePrag, 16. bis 18. Mai 2012. Leiberfahrungen und Selbst. Phänomenologie und Buddhismus (Body Experiences and Self - Phenomenology and Buddhism).
• テュービンゲン講演 Zen und Philosophie in der Philosophie der Kyoto-Schule. Vorlesungsreihe „Philosophie der Interkulturalität“, veranstaltet vom FORUM SCIENTIARUM der Universität Tübingen im Hörsaalgebäude, 2012. 6. 20.
• ヒルデスハイム講演 Arbeit als Spiel. Aus Zehn Ochsenbildern im Zen und Kants Grundlegung zur Metaphysik der Sitten. Vorlesungsreihe „Arbeit an sich“, im Vortragsaal der Universität Hildeseim, 2012. 7. 5.
• ヒルデスハイム講演 A Dürer and Sesshū as Spiritual History Godness and Nothingness -, in: Domäne Campus, 2012. 7. 22.
• イェール講演 Hegel’s Logic as Thought-Image, in „Denkbilder/ Thinking Images / Critical Eye. September 20 – 22, 2012 in: Whitney Humanities Center, Yale University, 2012. 9. 21.
• イスタンブール講演 Das Problem des ‚Lebens’ in der Hegelschen Logik, in: XXXIX. Internatinaler Hegel-Kongress der Internationalen Hegel-Gesellschaft. Hegel gegen Hegel. Istanbul 3. 6. Oktober 2012, Akatlar Kultur-Zentrum, 2012. 10. 5.
• ボン講演 Neue Metaphysik im interkulturellen Fragehorizont, in: 2. Bonner Humboldt-Preisträger-Forum „Das neue Bedürfnis nach Metaphysik“, 24. – 28. Oktober 2012, Hotel Bristol, 2012. 10. 22.
(2013年)
• ベルリン講演 Der Ungrund, phänomenologisch und interkulturell. Ausgehend von der Freiheitsabahndlung Schellings (Internationale Tagung: Ungründe. Perspektiven prekärer Fundierung, 31. Jan. bis 2. Feb. 2013 an der Freien Universität Berlin), 2013. 2. 1.
• マカオ講演 Anti-nature in Nature itself, auf der Tagung: Nature – Time – Responsibility. Humboldt-Koleg, in: University of Macau, 2013. 4. 12 – 14.
• ウイーン講演 Die Idee der Philosophiegeschichte in nicht-europäischer Sicht. Ringvorlesung „Philosophy in a Global World, in: Hs im Hauptgebäude der Universität Wien, 2013. 4. 24.
• ハノーヴァー講演 Phänomenologie der Compassion. Forschungskolloquium, im Vortragsaal des Forschungsinstituts für Philosophie Hannover, 2013. 6. 6.
• ザルツブルク音楽祭開幕講演 Buddhismus und Shintoismus als Hintergrund der japanischen Kunst. Vortrag auf der Auftaktveranstaltung (Opening event) zur Ouverture spirituelle 2013 des Salzburger Festspiels, in: Festspielhaus Salzburg. 2013. 7. 19.
• サンパウロ講演 西田哲学の哲学史的位置, (1) 5. Nov. 2013, in: Colóquio Internacional de Filosofia Comparada: Budismo e Filosofia, 5. Nov. 2013, in: São Paulo, o evento ocorrerá na UNIFESP (Universidade Federal de São Paulo), 04 – 05 de novembro; (2) 8. Nov. 2013, in: O evento em Campinas ocorrerá no Instituto de Filosofia e CiênciasHumanas da Universidade de Campinas.
• 台湾講演 Self and Person in a Non-anthropological View. Key note speech at the symposium „Person and Self“ (29 – 30 November 2013), in: The Institute for Advanced Studies in Humanities and Socal Sciences. National Taiwan University, 2013. 11. 29.
• ボッフム講演 Das Wesen der „Dialektik“ bei Schelling und Hegel, im Forschungszentrum für Klassische Deutsche Philosophie der Ruhr-Universität Bochum, 2013. 12. 17.
(2014年)
. ハノーヴァー講演 Phänomenologie der Compassion (2). Forschungskolloquium, im Vortragsaal des Forschungsinstituts für Philosophie Hannover, 2014. 1. 16.
. テュービンゲン・ワークショップ Natur in interkultureller Pewrspektive. .., Tübingen. Universität Tübingen, Eröffnungsrede als Organisator. 2014. 6. 5 - 6.
. ミュンスターDGPh (ドイツ哲学会) 基調講演 (Hauptvortrag auf der Plenasitzung des XXIII Kongresses der DGPh), Ja und Nein zur Frage: Gibt es in der Philosophie „West“ und „Ost“? Rück- und Ausblick über die deutsch-japanischen Denkwege, Kongreß der Deutschen Gesellschaft für Philosophie, Universität Münster, 2014. 10. 2.
(2015年)
. テュービンゲン講演 Self and Person as a Problem of the Intercultural Translation. Humboldt Lecture Series at Tübingen University, in Forum Scientiarum der Universität Tübingen, 2015. 4. 15.
. 香港講演 Philosophic-Historical Place of Nishida’s Philosophy, in: Chinese University of HongKong, 04. Mai 2015: , International Conference on Nishida Kitarō: Celebrating the launch of a new book series on Japanese Philosophy, Room: 401, Leung Kau Kui Building, 2015. 5. 3 - 4.
. ブタペスト講演 Phänomenologie der Compassion. Ausgehend von einem Text des japanischen Nô-Spiels; in: ELTE BTIK Filozôfia Intézet.Mûheum krt. 4/i, II. em. 122. Bence Terem, 2015. 5. 12.
. ケルン講演 Der Gemeinsinn bei Kant. Eine unabgeschlossene Betrachtung in der Kritik der Urteilskreaft. Die Tagung „Kant im Kontext“ im Alten Senaatssaal der Universität zu Köln, 2015. 7. 17.
. バーゼル講演 Gott und Leere. Zur Religionsphilosophie von E. Lévinas und K. Nishitani, Theologische Fakultät der Universität Basel, 2015. 9. 22.
. イエーナ講演 Der Gemeinsinn bei Kant – Eine unabgeschlossene Betrachtung in der KU, im Philosophischen Seminar der Universität Jena, 2015. 11. 4.
. 東京講演 「脱け去った死でも、襲い来る死でもなく」。第15回河合臨床哲学シンポジウム『生きられる死』、東京大学鉄門記念講堂、2015. 12. 13.
(2016年)
. ケルン講演 Der Philosophenweg, im Rahmen der Veranstaltung: 2. Kyoto-Tag., in: Japanisches Kulturinstitut Köln, 2016. 9. 27.
. 京都大学講演 Anti-Nature in Nature itself. Die Tagung „Nature – Time – Responsibility“, at Kyoto University, 2016. 2. 12.
. 京都産業大学講演(川勝平太静岡県知事と)「見るものから働くものへ」、2016. 2. 26.
. 静岡講演「静岡県幹部職員を対象とした講演会について」。「再び〈働くものから見るものへ〉。西田哲学との対話。“日本の美“の観点から」、2016. 6. 13.
. 東京講演、西田哲学会年次大会講演「大地の思想のポテンシャル」、2016. 7. 23.
. 宇ノ気・西田幾多郎記念哲学館哲学講座講演。「対話する西田哲学」、2016. 8. 21.
. ウイーン講演 Bildkunst und Kunstbild. Befinden wir uns im Zeitalter des ‚Weltbildes’ oder der ‚Weltbilder’?, Die Tagung der Gesellschaft für Interkulturelle Philosophie, 2016. 9. 24.
関西学院大学講演 Bildkunst und Kunstbild. Befinden wir uns im Zeitalter des ‚Weltbildes’ oder der ‚Weltbilder’? (Vortrag zusammen mit Prof. G. Figal, 関西学院大学梅田キャンパス、 阪急アプローズタワー1101教室)、2016. 11. 12.

 

トップページに戻る

 

6 

 

7論文・エッセイ

8 近況・感想・コメント 

 

2017年

 

1行日記も、再開することにしました。 

 

x  x  x  x  x  x  x  x  x  x

2.1. まる1日、校正作業。自分の歩いた跡を自分で直すのは、不可逆の時の可逆化という不思議。

2.2. 執筆すすむが、筋斗雲は釈迦の手のひらに。

2.3. 節分。神社で「箸」を買う。鬼を追う豆は不要。御所の栴檀の樹の種を集めてきた。

2.4. 鶯が二羽、今日も雪を帯びた椿の枝々を転々。まだ鳴かず。

2.5. デモクラシーは気息奄々だが、地裁が大統領令を止め得る程度には息づいていた。

2.6. 一休み。マラソンは記録も大事だが、完走も大事だと自分に言い聞かせる。

2.7. 古い鋸が折れた。半世紀以上の代物。980円の新品の切れ味が、また抜群。世代は替わりゆく。

2.8. 新品のマック(MacBook Air)が、システムエラーの不良品と判明しました。返品しようと思います。これに伴い、1行日記もここで更新をやめて、休眠に入るかもしれません。

2.9. 若い人ふたりの驚嘆すべきPC技術。アップルのアドバイザーでも直せなかったシステムが復旧。1行日記も更新可能となりました。

2. 10. 雪降り、また止む。飽かずに見る。豪雪地帯の大雪のニュースを聞く。

2.11. 建国は、本来はめでたいことのはずだが、国家エゴの誕生でもある。今日にちなんで例を数えてみた。

2.12. ゆえあって、ふたつの研究会を梯子した。ふたつの丼を味が重ならないように味わう集中が要る。

2.13.

2.14. 金正男の暗殺。北は得たのか、失ったのか。得失以前の問題ではあるのだが。

2.15.「2国家共存の原則にこだわらない」と、トランプ。この人も、しばしば正気を疑わせる。

2.16.少し心配な便りあり。ドイツから。国家の問題が大きく、身近な問題が小さい、ということはない。

2.17.小さい吉報あり。ドイツから。

2.18. 別の小さい吉報、ドイツから。他方で「北」の暗殺事件のさまざまの推理は、忌まわしい「凶」。

2.19. 夕暮れの裏山、猿の群れが寝入りの場所確認のため、所々で鳴き声を交わし合う。テロは起こらない。

2.20. 「トランプ現象」も「北の残虐」も、テレビ番組と茶の間では「肴」になる。

2.21. ブレーキがかからないと暴走になる。人も、車も、国家も。暴走と加速とのちがいを考える。

2.22. 39光年先に7つの地球サイズ惑星。3つは生命存在可能 (NASA)。彼の星の人の喜怒哀楽いかに。

2.23. 39光年ということは、近いのか遠いのか。隣の家の人は近いのか遠いのか。

2.24. 竹を炙って曲げて弓と矢をつくる。孫が狂喜。ゲーム機器の時代に反時代的欣快を覚える。

2.25. 弓と矢、大人気にて、第二作をつくる。ミニロケットだ。人間はなぜ飛び道具に興味を持つか。

2.26. 今朝、ウグイスの初鳴き。ヒナが孵ったようだ。「巣の防衛」の第一声。武と美の一致は平和。

2.27. 庭に土筆の芽が三つ。四つでもなく九つでもなくて、三つ。「土筆は何故なしに生える」。

2.28. 何通かの手紙を出す。メールでなくて手紙にすることが、今では「改まった」かたちだ。

3.1. 月が替わった。それと歩調を合わせて、コンピューター操作ミスで1日分の仕事が消えた。

3.1.消えた仕事の再現作業。被災地、戦火の地、伐採で消えた森、「再現」は「新生」に同じ。

3.2. (木)  

3.3. (金) 勤務先の会議。実出席とスカイプ出席の、いずれもが、同等の意味と機能を持つ時代だ。

3.4. (土) 書く。歩く。休む。仕事は予定より遅れ気味。もっとも、予定とは勝手な定めのことではないか。

3.5. (日) 、晴れ・曇り。世界の多事、多難、自分には遠くでもあり、また近くでもあり。

3.6. (月)、「捨てる神あれば・・」の英訳に、"Every cloud has a silver lining" というのがある。

3.7. (火)、曇りなのに、上京の新幹線、小田原にて富士山の全景を見る。山容にも品格というものがある。

3.8. (水)、東京は快晴だったのに、帰洛の新幹線は富士山に雲。米原から伊吹山までは雪景で、佳。

3.9. (木)、ツイッターで世界聴衆につぶやく政治家もいるが、こちらは1行日記で十分である。

3.10.(金)、今日も、あっというまに朝が夕方になった。失脚した大統領には、長い1日だっただろうが。

3.11.(土)、6年まえの一時帰国で関空の掲示板で見た「3.11.」。あれから被災者は6年。死者も6年。

3.12.(日)、いろいろの議論を省略して言うなら、死者にも時の経過というものがある。日曜日の感想。 

3.13.(月)、ウィーク初日。孫に頼まれて昨日つくり始めた木製の「剣」を眺める。未完成のブサイク。

3.14.(火)、裏の林のウグイスが、今年も毎朝啼いて、目が醒める。ここに聞く人ありと知るや否や。

3.15.(水)、金の烏(カラス)と月の兎(ウサギ)は、早くも3月半ば。尺取り虫は蝶を夢見る。

3.16.(木)、「罪を祓う」(ベンヤミン)ということを1日、考える。ベンヤミンはまだ三十路だったが。

3.17.(金)、俗に三枕(さんちん)。馬上、枕上、厠上。アリストテレスは逍遥。古人の古跡は実に確かだ。

3.18.(土)、鶯と一緒に早起きしてパソコンに向かう。ミューズ神は歌うか、黙するか。古跡を辿る。 

3.19.(日)、好天気。心が晴れない境遇の人へ、メールを書く。太陽は雲に隠れても太陽なのだが・・。

3.20.(月)、春分の日。裏山の今年の鶯のデュエットは、昨年のペアとは別のハーモニーの美声。

3.21.(火)、雨の朝、鶯は数回啼いた。庭の草木は芽を吹く。日独文化研究所は良き人事の動き種々あり。

3.22.(水)、晴。友あり、遠方より来たる。向こうがドイツワインならば、こちらは日本の「鍋」で。

3.23.(木)、翻訳は創作ではないが、創作も一種の翻訳、翻訳も一種の創作という面がある。

3.24.(金)、国会や都議会の喚問質疑ワイドショー、だんだん、げんなりしてきた。

3.25.(土)、トランプの政局運営、また頓挫。米国デモクラシーの存続を賭けた攻防とも取れる。

3.26.(日)、英語「トランプ」の意味: ⑴、楽器のトランペット、⑵、カルタ、⑶、騙す、欺く。

3.27.(月)、稀勢の里、皆が忘れていたふる里を想い出させる。我慢、努力、誠実、稀な勢い。

3.28.(火)、雪崩で亡くなった若者たち。殺された少女。地上の1日の死者数は15万人。有情と無情。

3.29.(水)、最後の仕上げの数歩に、時間がかかっている。「歩む時間」と「時間の歩み」とは同一。

3.30.(木)、尺取り虫の一歩も、キリンの一歩も、全身を尺度とする一歩という点では同一である。

3.31.(金)、最終の一歩へ。鶯が啼きはじめる時刻に起きるのが、いちばん自然なリズムだと体得する。

  もう1行。人質恫喝に屈したM国。無理が通れば道理が引込む。K国暴発の際には日本もそうなるか。

4.1.(土)、月始め。「汝の始めし如くに、汝は終わるであろう」(ヘルダーリン『ライン河』)。

4.2.(日)、河流の始まりに、早くも波乱。逆流とまではいかず。渦を含んだまま流れれば是としよう。

4.3.(月)、海の向こうの国から来た客たちに、道案内。桜はまだ一分咲き。

4.4. (火)、ゴミ出しの日。ゴミの語源はどうも不明。なお、「人間の屑」はあるが「人間のごみ」は無い。

4.5.(水)、桜、なお三分咲き。東京は満開、鹿児島は開花。列島の桜前線の異変。

4.6.(木)、国内外のメールのやりとりだけで、1日が始まって終わった。これは異変だ。

4.7.(金)、金正恩、アサド、プーチン、トランプ、。南シナ海、スーダン、シリア。地雷だらけの世界。

4.8.(土)、「異常」を語るときの尺度は「正常」。正常というのは何かを考える迂遠な道も、時に要る。

4.9.(日)、桜に雨。風流ならざるところ、また風流と、古人は風流だった。核とミサイルには風流なし。

4.10.(月)、最後の追い込みという言葉、本当は先行馬を追い抜くことらしい。さて、どの馬が問題か。

4.11.(火)、遠来の客と、「そば」「桜」「海北友松」の3点セット。人生3段階の1は、美的生活。

4.12.(水)、「哲学の道」は法難の跡(法然)、怨念の跡(俊寛)、狂気の跡(冷泉)、夢の跡(九鬼)。

4.13.(木)、桜は散り始めがいちばん良い。朝よりも午後が良い。雨にも風情があるが、天気日が良い。

4.14.(金)、陽春に、陰惨なる事件。犯人がつかまって、さらに陰惨。桜の満開と対極。

4.15.(土)、世界史で見られる「国家の平均寿命」とぃうものを、考えてみた。国家にも「死」がある。

4.16.(日)、やはり「発射」。北の「超強気」と米の「本気度」は、いずれも他人事でない点が核心だ。

4.17.(月)、ニュースとなることだけが、世界の重要問題ではない。底流、マグマ、後景は、隠れる。

4.18.(火) 、うーむ、中々すべてスムーズには行かないな、というのが今日の寸感です。

4.19.(水)、良いニュース、悪いニュースの一喜一憂が人生だが、今日は良いニュース、良い天気。

4.20.( 木)、新芽が一斉。鶯に合わせて朝型に切り替え10日目。皆の朝食もつくり始めて2日目。

4.21.(金)、朝食づくりは3日坊主になる前に、2日でストップ。

4.22.(土)、ドイツの客をつれて「哲学の道」沿道の史跡めぐり。宗教と美術と自然の奥行きを一瞥。

4.23.(日)、うーむ、良いことと悪いこととは、縄をあざなうがごとしとは、古語のとおり。

4.24.(月)、明日は「北」、「米」、「中」、「日」対峙?フィギュアの国別対抗は光。こちらは闇。

4.25.(火)、「北部戦線異常なし」。さらに大なる異常の始まりかもしれないが。

4.26.(水)、椿も盛りを過ぎて、新緑。雨。

4.27.(木)、新緑。自然の世界には緩みとか油断とかが無い。「悪」も無い。しかし「歴史」も無い。

4.28.(金)、修学院離宮から曼珠院まで長散策。「暴力」の考察、終わりに近づく。

4.29.(土)、鶯が林に戻って来たが、「ペア」でなくなったか?いらざる心配ではあるが。

4.30.(日)、鶯は以前の樹上からではない場所で、鳴くように聞こえる。

5.1.(月)、朗報。親しい人の5ヶ月を経ての退院。「他者」の慶事は「自己」の慶事。

5.2.(火)、悲報。私よりも若い友人の死。死は無数に世界中で起こる、唯一無二の出来事だ。

5.3.(水)、悲報への感応メールつぎつぎ。死は「遠さ」へ連れ去ると同時に「近さ」へ連れ来る。

5.4.(木)、孫たちとバーベキュー。「食べる』=外界を自分のなかに取り入れて生きること。

5.5.(金)、「新緑」から「青葉」への移行が進行している。

5.6.(土)、名無しツツジ、楓(野村もみじ)、白南天、平戸ツツジ、柏、カイヅカイブキ、布袋竹。

5.7.(日)、日本初の恐竜の全骨格発見。人間ドラマと自然ドラマのなかから、恐竜が蘇生した。

5.8.(月)、邦文ヴァージョンを脱稿。独文ヴァージョンは今日脱稿しないと、次が手遅れになる。

5.9.(火)、彼の地では、ひとりが退院、ひとりが葬儀。悲喜こもごも。こちらは次の原稿が手遅れか。

5.10.(水)、手遅れかどうかは、次の緊急原稿手術次第。が、頭は「笛ふけど踊らず」。

5.11.(木)、飛行機とホテルの手配。学会行。庭に朝顔の衝立、種を植える。「芽」は出るか。

5.12.(金)、千三百年は、長いか短いか。飛鳥美人の壁画は、死者たちの華麗豪華な祝祭の場面図。

5.13.(土)、ミニ雨蛙、竹垣の横竿にじっと1日。24時間は長いか、短いか。梅雨前線は九州に上陸。

5.14.(日)、神護寺の秘仏、国宝五大虚空菩薩、悪くはないが、感動には至らず。他の国宝諸像も同様。

5.15.(月)、ポピュリズムは仏と独ではストップか。米では液状化。北はもともと無縁。ニッポンは?

5.16.(火)、圧巻の自然風景写真集をもらう。人間の眼と違ったカメラの眼が、自然風景を「つくる」。

5.17.(水)、朝顔の発芽は7つ。ミニ雨蛙は竹垣を棲家となす。鶯のデュエットは1羽の鳴き分けと判明。 

5.18.(木)、「極貧の民を脳操作で動かして核の装備に走る独裁政権」。現実のほうがSFよりSF的だ。

5.19.(金)、一歩、二歩、三歩、散歩と競歩。走ること無きにしもあらず。だから、風呂は格別。

5.20.(土)、孫3人の大旋風。ミニ雨蛙が竹垣から消えた。朝鮮半島も庭情勢も、雨蛙には差異ナシ。

5.21.(日)、庭の楓が新芽で茂る。朝顔の発芽は9つ、埋没のタネ1つ。ここにも「社会の諸相」あり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先月22日から昨日までの1行日記、うっかり消してしまいました。先月末までの外国学会出張記事と、帰国後一昨日までの諸学会・諸会合の記事。しかし日記とは水に書いた文字みたいなもの。流れても是とします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6.7.(水)、梅雨入り。西田幾多郎の命日。朝顔はすこし伸びた。

6.8.(木)、「すこし伸びた」は、前進感と停滞感の中間である。自分においては、時差疲労の現象。

6.9.(金)、梅雨の晴れ間。蕗(ふき)繁茂。ドクダミも繁茂。棲み分けをさせる。

6.10.(土)、日照時間が数cmの位置の差でちがってくると、草花の成長の差となる。人の生は如何。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「1行日記」というのは、過ぎた1日を1行にまとめる作業として習慣化すると、それはそれで面白いです。1日の締めくくりにもなり、備忘にもなり、自分に語る内省にもなり、しかしまた、どこかでこれを読んでくれているかもしれない若干の他者への報告という意味もあり、というわけです。ただ、ちょっと細切れすぎる、という欠点を、感じ始めました。「近況」「感想」「コメント」という趣旨からすれば、もっと大まかであるべし、と思い始めました。そこで、この項目に沿って、大まかに記すことを始めます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近況(6月14日・水曜日、記)

最近は、「日独文化研究所」というミニ研究所の所長をつとめながら、ハイデガー研究会、フィヒテ研究会、西田哲学研究会、西谷啓治研究会、大蔵会(花園禅文化研究所の仏典研究会)などに、顔を出しています。最近の海外出張は、2017. 5. 25.-27.テュービンゲンでの学会「現象学と生の哲学」でした。

 このテュービンゲン出張は、そのあとケルンで会うことになっていたC・ビックマン女史の、3週間まえの急逝を、ことさらに痛感させるものとなりました。同教授は私の2010年4月から始まった5年半にわたるドイツの諸大学・諸研究所での客員教授生活の冒頭をつくってくれた人です。それもあって、彼女の急逝は私にとって痛恨の出来事でした。10月にも渡独するので、墓前に献花してくるつもりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6.18.(日)

「ヘーゲル学会」大会(同志社)に顔を出し(地元・京都ですから)、討論などにも口を出して、久しぶりに旧友の研究者たちとの交歓を、更新しました。みんなそれぞれに「歳」を重ねていることを(自分のことは棚に上げて)、実感しました。そしてまた、連綿と「ヘーゲル研究」界がつづくことにも、改めて感銘しました。これはハイデッガー、フッサール、西田、カント、仏教、すべてに共通する「古典」という現象ですね。

 古典ならぬ現代世界は、相変わらず「絶句」させる事件の連続。すべて生じるものは本質的に新しいわけですが、そのなかで絶句させる事件の新しさは、これまた尽きること無しです。そして、『般若心経』にある「老死は無いが、老死が尽きることも無い」という語をも、想起します。前半はすぱっと、後半はどこまでも綿々と。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6.27.(火)

藤井四段への、日本中の大フィーバーは、どこから来るかを考える。将棋は華麗なスポーツでないし、劇場とかスタジアムとかの大観衆の声援もない。しかしテレビ観衆が日本中の家庭や街角に溢れて、彼が勝ち進むと、みな手を打って喜ぶ。NHkのテレビ速報、全国紙の一面記事、街中のインタビュー、等々で、皆が湧き返る。ヒフミンの解説キャラも味を添える。しかし本人自身は「幸運でした」と、ぽつり言うだけ。スター誕生というにしては、一向にイケメンでもなくて、むしろヌーボーでボケー。

 森友とか加計とかその他のスキャンダルで、日本中がうんざりしていた。その鬱陶しい曇天の雲が割れて、とつぜん陽光が差し込んだ。日本中が待望していた陽光だ。凄いスター性の「高さ」と「遠さ」にありながら、近所のどこにでもある、手の届く「近さ」と「親しさ」をも感じさせる、不思議な十四歳の少年だ。「藤井四段現象」は、いまのニッポンを解析す見る分光器でもある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7. 8. (土)各地に豪雨災害、「北」ICBM発射、

庭の朝顔が、葉はきわめて元気なのに、まだ開花しない。書斎の電灯に照らされていて、9時間必要な「夜」が不足している、という説明が浮上した。人間の思考に生じる現象とおなじではないか。「葉は繁るが、花が咲かない」のは、いま開催中の「G20」もおなじ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017.9.1.

8月は一度もこのページを更新しなかった。異常な熱暑の夏のせいではないです。忙しかっただけです。

 7月に「葉は茂っても花が咲かない」とぼやいた「朝顔」は、8月の後半から咲き始めました。それも、凄まじい勢いで。朝顔というと、可憐というイメージですが、この半月は、蔓を切っても切っても翌日にはぐーんと伸びて、最初につくった竹垣セットなど遥かに越えて、2メートル半の柏の生垣を上り詰めて、いまそのてっぺんに、毎朝、咲き放題。竹垣セットの真ん中あたりの赤い朝顔は、さすがに可憐さを残して、朝の9時ごろにはしぼんでしまうが、青の朝顔は、昼ちかくまでどーんと開きぱなし。生垣を覆う勢いは、「獰猛さ」をすら感じさせます。「植物的」という語の一般イメージは、訂正を要します。

 北のミサイルは、どうとう日本列島の上を越えて太平洋へ。これについての巷の、そして韓国や中国の、また米国の、「コメント」に、あまり出てこない視点を三つ。

①いったん終わったかにみえていた「日本の戦後」は、終わっていなかったこと。「米国頼み」で、自分では何も手を出さない/出せない状態が「戦後」だったとすれば、「新たな〈日本の戦後〉」が、始まっている。

②餓死者を出しながら開発を進める最貧国の、ミサイル開発が、最強国をも脅し得るという、「テクノロジーの威力」。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017. 9.14.

 いま、大きいもの(400字づめで1.000枚ちょっと)を日本語版とドイツ語版の両方で作成し終わりました。かなり多量になった「注」を点検中。これまでに5年くらいかかりました。もっとも、まだ手直しが要るので、出版は早くて来年の4月ごろ、遅ければ8月ごろの見通し。これと同時並行で、いま小さいものも書いていて(これは400字づめで200枚くらい)、やはり日本語版とドイツ語版の同時並行です。2冊を2カ国語で同時出版という見通しですが、でも「人生の総決算」なんて大げさな感想はナシ。というのは、どちらも書くほどに課題が出てくるという「自己増殖型」の典型種だからです。それよりも、前者はサイズとして本当は厚すぎるし、後者は薄すぎる感じだから、飛行機で言えば、右翼に重りをつけて、左翼には浮力用の気球をつけて飛ぶ、といった感じかもしれません。飛行機は、飛ぶまえに墜落することは無いと思いますが、もうすこしドローンで試験飛行をせねばなりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017・9・29

生垣を覆う「どう猛な」青の朝顔は、今日は30輪を超える数となって、生垣上に乱れ咲いている。これらは夕方近くまで咲いている。他方で、午前中の10時か11時ごろにはしぼむ可憐な赤の朝顔は、もう咲かなくなった。季節が終わったようだ。今日はお彼岸の日に逝った人の初七日。野山を一緒に歩いた追憶の痛みに、昨日はランニングシューズを、今日はアウトドアシューズを、新調した。新調することに意味があるのか無いのか、自分でも分からない衝動買いだ。両方ともに、たいへん履き心地が良いから、交互に履いてあちこちを、ひとりで走り歩こうと思う。

 「大義」は無いが「しがらみ」は有るニッポン政治、選挙はどこへ向かうか。安倍は英国のメイ首相の轍を踏むことになるかどうか。今回は期日前投票をしなければならない。

 

トップページに戻る